日々のパン

愛犬のために。米粉わんこパン

難易度 作業時間15分

私たちが安心安全なものを食べたいように、愛犬が食べるものも気になりますよね。
日々のパンは、わんちゃんのぱんも簡単に作れます!
米粉100%のわんこパンです。

・米粉は「熊本製粉ミズホチカラ」を使用しています。パン用・製菓用どちらでも美味しくできます。
その他の米粉では、同じ分量でうまく作るのが難しいです。熊本製粉ミズホチカラをご使用ください。
・生地作り後に発酵の必要はありません。成形後、お好みで仕上げ発酵を取ってください。
・米粉パンは乾燥しやすいのでトースターがオススメです。
・レシピの焼成時間は目安です。ご使用する機材により適宜調整をお願いいたします。

材料
【A】
  • 米粉(熊本製粉ミズホチカラ) 100g
  • サイリウム 2g
【B】
  • 表面に塗る油 適量
作り方
生地作り

小さなボウルに牛乳を計量する。そこにインスタントドライイーストは表面に散らばるように振り入れ溶かす。
牛乳をヤギミルクや豆乳等、普段あげているもの変更してもOK。
大きなボウルに、米粉とサイリウム計量し、ゴムベラで混ぜる。
どんどん固くなってきて、手やゴムベラにつくかなくなりひと塊になれば出来上がり。

成形

今回は2種類のほねをご紹介していますが、パンの大きさ、形は飼われているわんちゃんに合わせてください。一つが大きくなる場合には、焼き時間も変わります。
米粉の生地はグルテンがない為、切れやすいです。切れてしまった場合に丸め直して作り直してOK!

手と作業台に油(分量外)をつけて生地をだす。
めん棒や手で生地を伸ばす。今回のYouTubeでは10×15cm程。

ほね①
2cm幅にカットして、コロコロ転がして角をなくす。
両端を結ぶ。

ほね②
3~4cm
幅にカットする。
両端に切り込みを入れてくるんと中に丸める。

出来たら、くっつかないアルミを敷いたトースターの天板に並べる。

仕上げ発酵

トースターをほんの少し温めて中に15分程入れる。
数秒タイマーを回して、手をいれると少し温かいくらい。
熱くなりすぎた場合は、扉を開けて冷ます。

仕上げ発酵を長くとるとふわふわに、仕上げ発酵をなしにすると固めに仕上がります。
わんちゃんの好みに合わせて、15分の中で調整をしてください。

焼成

オーブントースター1000W8分程焼く。
砂糖が入っていないので、焼き色はあまり付きません。

・米粉は「熊本製粉ミズホチカラ」を使用しています。パン用・製菓用どちらでも美味しくできます。
その他の米粉では、同じ分量でうまく作るのが難しいです。熊本製粉ミズホチカラをご使用ください。
・生地作り後に発酵の必要はありません。成形後、お好みで仕上げ発酵を取ってください。
・米粉パンは乾燥しやすいのでトースターがオススメです。
・レシピの焼成時間は目安です。ご使用する機材により適宜調整をお願いいたします。

ページのいちばん上へ