基本の切りっぱなしパン

難易度 作業時間10分

基本の切りっぱなしパンをご紹介します。
成型は切るだけなので、切りっぱなしパンと呼んでいます。
朝、生地を切ってトースターに入れて焼くだけなので、朝食に焼きたてパンを食べるという夢が簡単に叶ってしまいます!

材料 (8〜12個、約4人分)
【A】
  • 強力粉 200g
  • 塩 3g
  • 砂糖 15g
【B】
  • 牛乳 100g
  • 水 40g
  • インスタントドライイースト 3g
  • バター 10g
【A】
  • ミックス粉 200g
【B】
  • 水 120g
  • インスタントドライイースト 3g
  • 道具

    ボウル
    ゴムベラ
    ドレッジ
    トースター

作り方
こねる

小さなボウルの中に【B】の水を入れ、イーストを重ならないように振り入れて溶かす。
大きなボウルの中に【A】を入れ、イーストが溶けたら小さなボウルの中身を大きなボウルの中に一気に入れてゴムベラで混ぜる。状態が変わらなくなってきたら手を使い、グーパンチでこねていく。
ある程度まとまったらやわらかくしたバターを入れ、生地がつるんとするまでこねる。(※麻衣子のMy粉を使う場合はバターの工程を省略)

薄く油を塗った保存容器に入れ、ふたを閉める。

1次発酵

冷蔵庫の中に一晩(8時間以上)置く。
一日に1回丸め直せば5日間保存可能。

成型

生地に少量の打ち粉をして保存容器からやさしく取り出す。ドレッジを上から垂直に押し当て、好きな形に生地をカットする。しかく、さんかく、スティックなど、お好みでどうぞ!カットした生地を、くっつかないアルミホイルを敷いた天板に乗せる。

焼成

1200wのトースターで7、8分程焼きます。焦げてきそうなら、途中でアルミホイルをかぶせる。
※焼成時間は、お使いの機材により適宜調整してください。

ページのいちばん上へ